« 光が十分あると | トップページ | 閑話... »

2006年8月 1日 (火)

Y字2題

標題そのままです。2カット目はツバメをカワセミと勘違いしたようです。
Img_6644 シャッタースピード : 1/800秒
レンズ絞り値 : F4.0
レンズの焦点距離 : 600.00(mm)
ISO感度 : 500
ノートリ

Img_7411_tori 
上に同じ
ISO感度 : 400

|

« 光が十分あると | トップページ | 閑話... »

コメント

ストローの所でこんなシーンがありましたか。
チャンスを逃がしませんね。さすが!!!
今日は予定通り堰があげられ、カワちゃんはカンナの花で大サービスをしてくれました。
水が増えないとカンナの花にはあまり留まりません。

投稿: chu | 2006年8月 1日 (火) 18時10分

コメントに困っています、何かShojiさんらしくないのでコメントしにくいと私は感じました?・・・・・

投稿: まつもと | 2006年8月 1日 (火) 18時55分

今晩は。私もまつもとさんと同様にコメントに困ります、Shojiさんらしいカットと思えないもの・・・

投稿: 杉山 良二 | 2006年8月 1日 (火) 20時22分

そうですか、イメージに合いませんか。
私自身は違和感がないのですが、トビコミカットが撮れていないことの裏返しかも知れませんね...
週末に向けて挽回したいですね♪

投稿: Shoji | 2006年8月 1日 (火) 21時23分

ツバメへの威嚇ポーズ、面白いと思いますが。意外にもツバメとカワセミはバトルすることが多いのに、写真にはなってないですね。

投稿: 猛禽系 | 2006年8月 1日 (火) 22時00分

M川もバトルですね、暫くの間続くのでしょうか。
弱肉強食の世界は厳しいですね。
先週は特別チャンスが少く、苦労されたと思います。

投稿: カワセミ日記 | 2006年8月 1日 (火) 22時07分

あはは、何となくみんなShojiさんの画風というのの印象をもっているようです。巨匠は自分で画風を切り開いて行くものですよね?新しいチャレンジもいいですね。

投稿: seagull | 2006年8月 1日 (火) 22時31分

2枚とも躍動感のある2羽がらみ、流石です。
よく止まる場所ですね。
カンナに止まらなかった理由が判りました。

投稿: katsu | 2006年8月 1日 (火) 23時04分

先週末は重量物を抱えての移動をしたので肩こりがひどいです。寝返りを打ったら痛みで目が覚める有様です。年はとりたくないものですね...単に体がなまっているだけかもしれませんが。

投稿: Shoji | 2006年8月 1日 (火) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光が十分あると | トップページ | 閑話... »