« タンデム飛行 2題 | トップページ | ややこしい水面(逆光編) »

2006年6月26日 (月)

羽の開きが好きな

日曜日のカットより、ノートリ。
Img_9301 シャッタースピード : 1/800秒
レンズ絞り値 : F2.8
レンズの焦点距離 : 400.00(mm)
ISO感度 : 250

|

« タンデム飛行 2題 | トップページ | ややこしい水面(逆光編) »

コメント

光の加減もいいですね、本当に羽の開き方がいいですね、最近このようなのがない腕と集中力の差かな~・・・・・・

投稿: まつもと | 2006年6月26日 (月) 18時46分

Shojiさん 教えて、このカットのコメントの文句を・・・ 私には分からない、余りにも凄すぎてもう唖然として眺めるだけです!!

投稿: 杉山 良二 | 2006年6月26日 (月) 19時41分

羽の開き、飛形、背景の色といい最高のカットですね♪日曜日の天気で条件見ると、さすがヨンニッパですね。

投稿: katsu | 2006年6月26日 (月) 20時33分

何時もながら、鮮明で私も言葉も有りません。

6月29日から以下のURLに変更予定です。
お手数ですが宜しくお願いいたします。
http://hidekazu38.blog55.fc2.com/?style2=cherry&index

投稿: カワセミ日記 | 2006年6月26日 (月) 21時11分

同じよんにっぱ使いとして、いつもながら信じられないのは、紙のように薄いピントエリアで、よく絞り開放のままで追えますよねえ。信じがたいテクニックですね。

投稿: seagull | 2006年6月26日 (月) 21時19分

seagullさんのコメントで気なったので調べてみました。カワセミの撮れる標準的な距離15mとして、ヨンニッパの被写界深度F2.8で27センチhttp://web.canon.jp/Camera-muse/camera/lens/ef/fix/data/ef_400_28lis_usm_dof.html一方ヨクロンのF4では18センチhttp://web.canon.jp/Camera-muse/camera/lens/ef/fix/data/ef_600_4lis_usm_dof.htmlです。このデータは9センチ分もヨンニッパの方がピントが合いやすいのです!(つまりピントが来ているのは被写界深度に頼っていたのでした...)

投稿: Shoji | 2006年6月26日 (月) 21時47分

AFの精度なんかも有るのでは?F2.8センサ0使えますから。
それにしても、背面で羽根の形もよし、いいですね。

投稿: 猛禽系 | 2006年6月27日 (火) 07時07分

猛禽系さん
そのとおりであると信じたいです。

投稿: Shoji | 2006年6月27日 (火) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タンデム飛行 2題 | トップページ | ややこしい水面(逆光編) »