« 先週の飛び出しシリーズ | トップページ | 先週の飛び出しシリーズ(2) »

2006年3月22日 (水)

30D高ISO時のAF、ノイズ

天候は雨天(小雨)でした。最初の2連続カットはISO800、その後の2連続カットはISO1600です。ノートリ。DPPでの現像でノイズ処理はしていません(機能がありません)。
Img_0374 シャッタースピード : 1/800秒
レンズ絞り値 : F4.0
レンズの焦点距離 : 600.00(mm)
現像時に+0.67明るさ調整

Img_0375 上に同じ



Img_0627_1 シャッタースピード : 1/800秒
レンズ絞り値 : F4.0
レンズの焦点距離 : 600.00(mm)
現像時に+1.00明るさ調整

Img_0628_1 上に同じ

|

« 先週の飛び出しシリーズ | トップページ | 先週の飛び出しシリーズ(2) »

コメント

ISO1600は実用域ですね。CS2で軽くノイズ消ししてやれば充分と言う感じです。うーん欲しいなぁ。

投稿: 猛禽系 | 2006年3月22日 (水) 23時57分

猛禽系さん
ノイズは20Dと較べて良くなったとは感じられません...レタッチ耐性は少し良いかもしれませんが。光が少ない中でのAIサーボの性能は向上していると思います。

投稿: Shoji | 2006年3月23日 (木) 08時15分

本当に勉強になります。
ISO 1600でこのノイズの少なさは、驚いてる次第です。
私の未熟な目で見た感想は1600も実用範囲と思えます。
ニコン同様に他社に大差で勝つ意味が分りました。ボタン一つでAF-MFの切り替え、連写の威力など野鳥写しには最適と思っています。

投稿: カワセミ日記 | 2006年3月23日 (木) 08時23分

カワセミ日記さん
ノイズはありますが、webでの表示画像 幅800ピクセルまで縮小するとノイズが目立たなくなります。但し細部の描写までは写しきれていません。

投稿: Shoji | 2006年3月23日 (木) 12時11分

ISO1600ですか、私には怖くて使えません
それにしてもノイズが少ないですね、出も試しにD200でやってみようかな?・・・
猛禽さん行きそうですね?・・・・

投稿: まつもと | 2006年3月23日 (木) 18時02分

まつもとさん
ご一緒していた時ですね。このカットを撮ってから帰りましたが、更に明るいレンズがあると良いのですが...

投稿: Shoji | 2006年3月23日 (木) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6214/1129627

この記事へのトラックバック一覧です: 30D高ISO時のAF、ノイズ:

« 先週の飛び出しシリーズ | トップページ | 先週の飛び出しシリーズ(2) »